biancoCOLUMN

ホーム
コラム
サロンカラー・ホームカラー・イルミナカラー

サロンカラー・ホームカラー・イルミナカラー

1剤と2剤を混ぜて塗布するということについては、大きな違いはありません。
違いは2剤の使い方にあります。2剤とは過酸化水素です。2剤の役割は、髪の毛の色素を抜く(脱色)ことです。脱色するということは、髪が傷むということです。

サロンで使用する2剤には、6%・3%・1%・0.75%と濃度がいろいろとあります。法律上、日本では6%以上は禁止されています。濃度が高いほど。脱色する力が強く、低いほど脱色する力が弱いということになります。なので、濃度が低いほどダメージが少なく、髪にやさしいということです。

style021

サロンではお客様の髪の状態(傷み具合)を見極め、2剤の濃度を使い分けています。
ホームカラー(市販)に使われている2剤は6%のみです。すでに、ダメージを抱えている毛先にも高濃度のものをつけることになります。しかも、自分で染める場合、毛先を省いて根元から塗布するのは難しいと思います。

特に、乳液状や泡状のものは液ダレしやすいので、どうしても毛先に薬がつきやすい・・・ということは塗布して放置し終わるまでにかなりの時間になります。カラーが脱色・発色し続ける時間は20分です。それ以上は、ただ髪の毛を傷めるだけなのです。サロンではこれらのことを考えた上で、薬剤選定・塗り分け・放置時間を決めるのです。これらのことから髪の毛の状態に差が出るのです。

0909style22

最後にイルミナカラーについて書きます。
WELLAが開発した第三のカラー剤です。独自の技術で髪のダメージを最小限に抑え、髪に透明感と輝きを与えてくれます。まるでブリーチをしたかのような綺麗なカラーに出来ます。通常のカラー剤に比べてダメージが少ないのが特徴です。それは、“マイクロライトテクノロジー”と“トリルミナバランス”の2つの秘密があるのです。

マイクロライトテクノロジーとは、髪の毛に付着している金属イオンとカラー剤に含まれる薬品が過剰反応を起こし、キューティクルのダメージにつながります。しかし、マイクロライトテクノロジーによって、金属イオンを包み込み、薬品との過剰反応を最小限に抑えることが出来るので、負担を減らし、天使のようなツヤツヤの光の輪が出来るのです。

次に、トリルミナバランスとは、髪への亜負担を軽減した薬剤を使うことによって、幅広いカラーを楽しむことができます。ブルーとバイオレットがベースとなっていますので、髪の透明感をアップさせ、柔らかい外国人風に見せてくれるのです。

SALON サロン

Bianco【ビアンコ】 店鋪写真

bianco 【ビアンコ】

  • 福岡市東区千早4丁目11-11
    シエロパルコ千早1F
  • 092-710-8107
  • 営業時間/
    平日 10:00~20:00 (土·日·祝 9:00~20:00)
  • 月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日)
  • 092-710-8107
  • 営業時間/平日 10:00~20:00 (土·日·祝 9:00~20:00)
  • 福岡市東区千早4丁目11-11
    シエロパルコ千早1F

〒812-0041
福岡市博多区吉塚2-1-6
第12共立ビル1F
TEL:092-292-5600
〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町2-49
サンハビタ1F
TEL:092-710-5775
〒813-0044
福岡市東区千早5-9-14
M2ビル1F
TEL:092-410-0014
〒813-0003
福岡市東区香住ヶ丘2-11-36
TEL:092-673-3282
〒811-0121
福岡県糟屋郡新宮町美咲2-8-12
TEL:092-410-8834
〒813-0044
福岡市東区千早4-11-11
シエロパルコ千早1F
TEL:092-710-8107

福岡市博多区吉塚の美容室L'Aube【ローブ】がプロデュースするbianco【ビアンコ】が千早にNEW OPEN!

Copyright © bianco All Rights Reserved.